2020年遺族の活動


2020年6月18日 豊橋市立章南中学校で講演しました。

 

10年経った今年の6月18日、花菜の母校の豊橋市立章南中学校で、講演を行いました。「事例から学ぶ学校事故の予防について」というテーマで、教員の方々と学校事故を起こさない行動についていっしょに考える時間となりました。併せて、花菜の親友だった平松明華さんが全校生徒に向けて講演した。また、事故現場の三ケ日青年の家では、安全訓練や追悼行事が行われました。多くの報道もいただきました。下記に紹介いたします。

<豊橋市立章南中学校 講演録より>

 

花菜に会えなくなって今日で10年が経ちます。今日という日は私にとっては正直特別に辛い日で、妻も同じ思いだと思いますが、あの日章南中に呼ばれて、浜名湖に向かって、病院で花菜の死を告げられて、と鮮明に覚えていて、あれから10年経って、この618日に花菜がいた学校で、先生方に事故の話ができるまでに、自分がよく立ち直ったなぁという正直な思いで、今日はお話させていただきました。

 

一方、今こうやって、ここでお話できるようになったのは、今まで、事故から様々な人と出会い、みんなが支えてくれたおかげで、本当に感謝でいっぱいです。

 

今日はここにいらっしゃる方は、初めてお会いする方が多いのですけども、

 

その支えてくれた気持ちに答える意味でも、子どもたちの命を守るために、大人たちが何をしなければならないのか、教員として何を学ばないといけないのか、子どもの安全をきっちり考える社会になってほしいという願いを込めて、私が経験した言葉でこれからも伝えていこうと思います。

 

2020年6月18日 西野友章