2021.3.23 静岡県教育委員会の依頼を受け、eランニングによる教材作りに参加しました。



先日、静岡県教育委員会の依頼を受け、eランニングで実施する危機管理研修の教材作りに参加しました。

 

「安全な自然体験活動」について、約30分間zoomで講話・収録しました。静岡県内の青少年施設を安全かつ有効に利用するため、指導者としての心構えや指導計画立案、具体的な指導方法の習得を目的に、危機管理研修を実施するということです。

 

県内の小学校、中学校、高等学校、特別支援学校の、校長を含め、できるだけ多くの教職員の方々に、研修を受けてほしいと思っています。子どもたちを守るための危機管理について、学んで、役立てることを願っております。

 

また、子どもを預かるすべての大人たちに、大人の努力で、救われる子どもの命があることを知ってほしいと思っております。

 

翌日、静岡県庁を訪問し、木苗教育長に学校安全の取り組みについて、意見交換しました。この静岡県教育委員会の取り組みが、安心・安全な、野外教育につながることを願っております。

 

西野友章