☞訴状 名古屋地方裁判所豊橋支部に損害賠償請求

遺族の主張「訴状」
豊橋市には「債務不履行責任と国家賠償法上の責任。」

 校長及び教諭らの「安全配慮義務違反。」 

 小学館集英社プロダクションに対して、「不法行為責任と使用者責任に基づく損害賠償責任。」 

 静岡県に対して、「国家賠償法に基づく損害賠償責任。」を訴えました。
2012.5.1訴状.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 1.2 MB
豊橋市の主張「答弁書」
被告豊橋市は、「全く責任はない」との主張を繰り返しました。

 「学校には落ち度はない。」「やるべき事はやった」「むしろ被害者」との認識でした。

 私たち遺族は、この豊橋市の考えを変えない限りまた悲劇は繰り返されると訴え続けました。
2012.6.28豊橋市答弁書.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 1.1 MB

☞提訴に関する新聞記事

2012.4.18記事:提訴へA.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 1.2 MB
2012.4.18記事:提訴へB.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 1'018.0 KB

2012.7.5記事:豊橋市全面的に争う.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 847.2 KB
2012.7.5記事:豊橋市全面的に争うB.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 1.1 MB

☞2010年ー2017年

遺族の活動

☞2015年11月

刑事裁判 判決文