遺族の活動 2018年



2018年12月23日 第9回「菜の花キャンドル」を開催

 

今年成人式を迎えた花菜の同級生たちは、社会的にも責任ある立場の中で、忘れることのできないあの事故のことを胸に秘めて、それぞれの場所で活躍しているようです。なんだか頼もしく感じられました。

 

花菜との思い出を語ってくれる人もいて、みんなの心に花菜はいき続けていると感じました。

 

今年はあったかい気象にも恵まれ、三ケ日青年の家の所長さんやスタッフの方の協力もあり、学校関係者も参加いただき、そしてたくさんの報道もあり、事故の風化防止にもつながったと思います。

 

これからも活動を続けてまいります。

 

西野友章

 

 


2018年11月8日、教育学部学生に講義(7回目)

 

今期も教育学部の3年生に講義をしました。今回で7回目となりました。将来の教員たちといっしょに、この事故を事例に、「できなかった背景」や「学校の役割」「野外教育活動について」まで議論できました。生徒の真剣な眼差しは、頼もしく感じました。十分に子どもたちの安全を第一に考えられる教員になってくれると思います。学校安全に関する研修は教員を目指す学生たちには必須だと思います。

 

今回の講義は中日新聞と大学が記事にしてくれました。

👉椙山女学園大学


 

2018.7.30 豊橋市内の若手教員に研修会で教訓を生かすための討論を実施

 

教員3年目の先生たち86名に、この事故について一緒に考える時間が持てました。3年目の若手教員たちにとって、8年前のこの事故はあまり深く知らないかもしれません。改めてこの事故に触れ、「なぜ学校の授業の中で生徒がなくなってしまったのか」、「どこに問題があったのか」、「繰り返さないためには誰がどんなことをしなければならないのか」そして、次に生徒の安全確保の判断をするときに役立つよう、意見交換を通じて、教訓を生かす重要さを感じたと思います。この日感じたことを各学校に持ち帰って、共有して、教訓を広げてくれることを願っています。

 


 

2018.6.28 教育学部3年生に講義を実施

 

今回で6回目です。椙山女学園大の教育学部3年に、浜名湖ボート事故についていっしょに考えました。「なぜ、野外授業の中でなんの過失もない生徒が死亡したのか」その原因をそれぞれが考え、意見を述べ合い、理解を深め、将来に役立てる授業です。大学3年生は、花菜と同じ学年になります。ここの学生たちは将来子どもを預かる職業を目指しています。この事故から学んで、子供達の安全確保に役立ててください。