☞動画

2016年4月7日、静岡検察審査会に元校長の不起訴不服申し立てを行いました。

SBSnews6 「浜名湖・ボート事故 遺族が検察審査会に申し…

2016年4月7日、検察審査会に審査申立書を提出後、静岡県庁と豊橋市役所で記者会見を行いました。

動画は、三遠テレビさんが豊橋市役所で撮ってくれたものです。

三遠テレビ 「学校の課外授業中の死亡事故、学校に刑事責任…」

第4回菜の花キャンドルin豊橋
第4回菜の花キャンドルin豊橋

 2013年12月23日 豊橋市の公園で、花菜の追悼の時間を設けました。多くの同級生や近所の保護者、子どもたちと共に、2000本のキャンドルを灯して、花菜を囲みました。

 

模様をYou Tubeにアップしました。 

 

You Tube 第4回菜の花キャンドルin豊橋

豊橋市長、遺族に謝罪
豊橋市長、遺族に謝罪

 2012年11月17日、豊橋市長、遺族に謝罪。学校の責任について全面否定していた豊橋市は、ようやく裁判長の促しにより、遺族に謝罪しました。和解調書に書かれている責任についてすべて認めて、謝罪し、再発防止に取り組むことを約束しました。その時の録画記録です。

 

You Tube 豊橋市長、浜名湖カッターボート事故の遺族に初めて謝罪

追悼歌「未来(あした)へ」
追悼歌「未来(あした)へ」

 追悼歌「未来(あした)へ」は、元章南中学校の非常勤講師のH先生が、生徒だった花菜の死をきっかけに詞を書いてくれました。

 

先生は、「同級生やすべての関係者が、この事故を辛い過去にするのではなく、バネにして、精いっぱい生きて花菜の分も輝いて欲しい。」そう願いを込められたそうです。そして、 H先生の知人のプロミュージシャンの方々や豊橋在住のプロカメラマンのご協力で、DVDを完成されたそうです。 感謝です。 

     

 私はこの歌を初めて聞いた時、花菜への思いがあふれ、悔しさも重なって涙があふれました。私たち遺族にとって、どんなに時間が経っても辛い過去が癒されることはありません。

 

 でも、この歌に込められた「命のメッセージ」を、一人でも多くの方に感じ取っていただけることを願っています。

 

 歌を聞き終わって、「花菜、ありがとう」の言葉を見つけました。

                               


報告会「学校事故が事件になる現実」
報告会「学校事故が事件になる現実」

映像は、豊橋市内の三遠テレビからです。

 

 2013年2月2日、豊橋市内で愛知県立大学望月教授を招いて「学校事故が事件になる現実」の講演をしていただきました。

2013.2.2学校事故・事件-事故が事件になる現実(望月).pdf
PDFファイル 166.9 KB

左から菊地弁護士、小林弁護士、遺族西野
左から菊地弁護士、小林弁護士、遺族西野

映像は三遠テレビからです。

 2013年2月2日、豊橋市内で、「浜名湖カッターボート転覆事故」の民事裁判報告会を開催しました。

2013.2.2市民報告会レジュメ(修正版R-2).pdf
PDFファイル 448.7 KB
2013.2.2本件から見る学校の危機管理(小林).pdf
PDFファイル 119.2 KB
2013.2.2和解条項で明らかとなった豊橋市の法的責任(菊地).pdf
PDFファイル 177.5 KB

民事裁判和解記者会見
民事裁判和解記者会見

 2012年10月24日、被告豊橋市との間て和解が成立しました。

2012.10.24和解成立声明文.pdf
PDFファイル 175.2 KB

☞遺族の思い

 母親の気持ち
 刑事の調書で語った花菜の母親の気持ちをつづっています。
「私たちの娘」 文・西野光美.pdf
PDFファイル 188.3 KB

 西野光美ブログ「怒りのメゾフォルテ


☞2010年ー2017年

遺族の活動

☞2015年11月

刑事裁判 判決文